肝臓に優しい食べ物

肝臓に優しい食べ物

肝臓に優しい食べ物

肝臓は血液に含まれる必要のないものを、老廃物として解毒するという働きがあります。血液中の有害物質は、肝臓によってろ過され、胆汁酸から便へ有害物質を排出するのです。

肝臓はまさに、人間の体にあるデトックス機能です。この肝臓の調子が悪くなると、様々な臓器に影響を及ぼします。臓器は皆関係が深いので、一つの臓器が弱くなる、悪くなることで及ぼす影響は大きなものとなります。

肝臓のデトックス機能が衰えないように、肝臓が弱くならないように、しっかり食材でサポートしておきたいですね。

たんぱく質は有害物質を閉じ込め無害化するという作用があります。たんぱく質が多く含まれた食品というと、牡蠣、レバーなどが上げられます。これらを適度に摂取することで、肝臓の働きを助けてくれるのです。

また魚貝類や海藻、特に鰯やマグロに多く含まれているセレンという物質は、ビタミンEと一緒に摂取することで、水銀の毒性をおさえる働きがあるといいます。

また最近のお子さんはあまり食べないでしょうか?らっきょうにも、水銀を排出させる手助けを行う、セレニウムと成分がたくさん含まれているのですよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional