リンパマッサージの方法

リンパマッサージの方法

リンパマッサージの方法

通常は、歩くことや走ること、体を動かすことでリンパ液が流れるのですが、運動をしなくなった、また仕事が座りっぱなしで歩くことがあまりない、というような方の場合、リンパ液も、血液も滞る傾向にあるようです。

筋肉が動くことで、それがポンプの役目を果たし、リンパ液や血液が体の隅々までしっかり流れるのですが、運動を行わないことによって、ポンプが上手く活躍してくれないのですね。そこで、リンパマッサージです。

リンパは、ひざの裏、おなか、鎖骨、耳の前、足の付け根・・という部分にあります。これはリンパ節というもので、リンパ液が集まる部分です。

皮膚の表面を流れているリンパは、このリンパ節に集まり、老廃物などをろ過しています。ですから、リンパの流れが滞ることのないように、マッサージすることが必要なのです。

下から上(心臓に向って)、リンパの流れる方向に逆らわないように行うのが、秘訣。それに、力を入れすぎないということです。力を入れすぎてしまうと、刺激が強すぎて、逆に血行障害を起こしたりする危険性があります。優しく下から上になでるように行うのがコツです。場所によって、コツがありますから、次でご紹介します。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional