リンパマッサージの場所別のコツ

リンパマッサージの場所別のコツ

リンパマッサージの場所別のコツ

まず、心臓から一番遠い部分、足首です。くるぶしのうら、アキレス腱の周辺にリンパ液がたまりやすくなります。かかとのほうから上に向って、優しくこすっていきましょう。くるぶしの後ろ部分は少しだけ強めに押すといいですよ。

ふくらはぎは、一番むくみを感じる部分ですね。重たく、時に痛みを感じることもあります。足首の裏側から、ひざの裏に向って、ゆっくり手を引き上げていきます。力を入れないように、手を移動させていきましょう。

ふくらはぎから、ひざの裏に移ります。ひざの裏のくぼみの部分、ぎゅっと押すと少し痛いなと感じる部分に親指以外の指で、下から押し上げるように手を移動させます。またくるくると円を描くように優しくなでます。

鎖骨部分は、鎖骨のくぼんだ部分に指をおき、軽く押す、またくるくると円を描くようになでていきます。心臓に向って・・という意識を持って行うと、上手くいきますよ。

首の部分は、喉の中央に手のひらを当てて、首の後ろに滑らせるように行います。首の部分のリンパがきれいに流れると、肌の質もどんどんよくなりますから、美容的な要素もある・・と意識しながら行いましょう。

わきの下は軽くひじを曲げて腕を挙げて、わきの下のくぼみに、反対側の手で心臓に向って円を描くように行います。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional